GOM Inspect Suiteのデジタルアセンブリ

GOM Inspect Suiteのデジタルアセンブリ

デジタルアセンブリ

複数のパーツを一元的およびデジタル的に組み立てる

プロセス制御を最適化する

製造現場が様々な場所に位置している状況において、完成品の品質管理を包括的に実施したい場合は、GOM Inspect Suiteをお試しください。GOM Inspect Suiteは、デジタルアセンブリ機能を備えており、パーツの製造場所に関係なく、複数のパーツを一元的およびデジタル的に組み立てる機能を提供します。

組み立てにおける分析では、通常以下の項目をチェックします。

  • 製造されたパーツ内の様々なパーツが、互いにどの程度適合しているか、また問題なく組み立てることができるかどうか。
  • 製造された(実際の)個々のパーツが、アセンブリのCADモデル(設計値)にどの程度適合しているか。

課題を早期に特定する

従来のアセンブリ解析では、パーツを固定治具によって必要な位置に固定して測定します。GOM Inspect Suiteでは、パーツをデジタル的に組み立てます。製造されたパーツは、CADモデルや他の実際のパーツと比較できます。このようにして、他の製造現場で製造されたパーツや異なるサプライヤーからのパーツも、同じように組み立てることができます。

デジタルアセンブリでは、組み立てプロセスを持続的に改善しており、課題を早期に発見することができます。さらに、段差や隙間の寸法に基づいて組み立て状況を最適化できます。

メリット

物理的相互作用のシミュレーション

この機能により、3Dモデルを簡単に動かして実際の組み立て状況をシミュレーションすることができます。オブジェクトは、例えば部分ベストフィットを介して、個別に位置合わせすることができます。オブジェクト同士を、相互に位置合わせすることもできます。

デジタルアセンブリ分析

例えば、GOM Inspect Suiteで相互作用をシミュレーションしながら、パーツを検査し、隙間分析や段差分析を行うことができます。さらに、干渉のリスクを特定して回避することができます。

1つのプロジェクトに統合する

GOM Inspect Suiteを使用すると、品質プロセスの一元管理が実現します。パーツごとの、またはアセンブリ全体の位置調整、位置合わせ、評価を1つのプロジェクトで行うことができます。

eラーニングとグループトレーニング

デジタルアセンブリを最適化して使用する方法を学びたい場合は、GOMトレーニングセンターにアクセスしてください。この目的のために様々なチュートリアルが用意されています。例えば、eラーニングの「GOM Inspect Professionalを使用して高度な評価を行う方法」では、複数のパーツを使用するプロジェクトを作成する方法と、それらを位置合わせする方法を学習できます。

詳しくはこちら  ›