ロボグラメトリ – ATOS ScanBox シリーズ 7 および 8 における大型オブジェクトの測定

ロボグラメトリ – ATOS ScanBox シリーズ 7 および 8 における大型オブジェクトの測定

車両ボディなどの型コンポーネントをデジタル化するには、たくさんの測定を実行し、これらを高精度で相互に貼り合わせる必要があります。ATOS ScanBox シリーズ 7 および 8 では、ロボット位置と特別な参照キューブの組み合わせを使うことができます。これがすなわち「ロボグラメトリ」です。

この eLearning では、ロボグラメトリのプロセス全体をステップバイステップで紹介します。また、GOM ソフトウェアおよび ATOS ScanBox においてロボグラメトリを準備、使用、最適化する方法についても紹介されます。各セクションが分かり易く説明された後、提供されたサンプルデータを使って表示されたステップを自分で実行します。このようにして、自分のプロジェクトをスタートする準備を整えていきます。

空室状況を確認する

以下のハウツーを学習します:

  • ロボグラメトリを使って大型コンポーネントをゼロから測定
  • 任意の測定対象物上に参照キューブを配置  
  • 測定セットアップの準備  
  • 測定の貼り合わせ安定性を最適化
GOM Robogrammetry