GOM Metrology

車両ボディ製造におけるデジタルアセンブリ

車両ボディ製造におけるデジタルアセンブリ

車両ボディ製造で重要なのは、別個のコンポーネントのクォリティだけではありません。様々なコンポーネントの相互連携も、高品質に足る要件を満たしていなければいけないのです。このため、アセンブリ状況を用いる Cubing や Meisterbock といったテストツールは、日常的に使用する作業ツールとなっています。GOM ソフトウェアでは、検査プロセス全体をデジタルで実装することが可能です。これにより、最終的な品質に到達する過程で、コストも時間もかかる品質管理のプロセスの反復作業を低減することができます。

このトレーニングコースでは、車両の外板部品を使って、GOM ソフトウェアにおいてデジタルアセンブリを実装する方法を学びます。スキャンされたコンポーネントのデータを復元可能な方法で位置合わせする方法を学びます。その後に、デジタルアセンブリの分析方法について学習します。これには、単一コンポーネントのエッジの検査、ギャップ、コンポーネントの組み合わせのフラッシュ分析、そしてシーリングギャップ寸法も含まれています。

空室状況を確認する

GOM Inspect Pro の使い方を学びます:

  • 車両ボディの外板コンポーネントの確実な位置合わせ
  • ポイントベースおよびカーブベースのギャップとフラッシュ分析
  • ドアのシーリングギャップ寸法の分析
  • クロスアセンブリを使用した、ベストなコンポーネント組み合わせの割り出し
  • ギャップおよびフラッシュ寸法に基づき、外板コンポーネントの最適な設置位置を導出