バーチャル測定室

GOM Inspect Suiteのバーチャル測定室

バーチャル測定室

バーチャルシミュレーションにおける実環境

バーチャル測定室は、ATOS測定セルのすべての要素の集中制御および測定計画ソフトウェアです。実環境は、バーチャル測定室で仮想的にシミュレーションされ、機能的に表現されます。バーチャル測定室は1つのセンサーを備えたロボット、ロボットパスのキネマティクスを含むプログラミング、パーツ、測定計画で構成されています。GOM Inspect SuiteのProfessionalモジュールを使用すると、VMRを通じて自動測定手順を実行することができます。VMRがあれば、ユーザーは特別なロボットの専門知識を必要としません。すべてのロボットの動きは実行前にバーチャル測定室でシミュレーションされ、安全性がチェックされます。

バーチャル測定室

メリット

自動ティーチングとスマートティーチング

VMRの自動ティーチング機能では、すべての検査特性とCAD表面に必要なセンサー位置を計算します。後続のパス最適化により、ランタイムと干渉回避に関する位置の順序が改善されます。自動ティーチングは、プロセスセーフとランタイム最適化ロボットプログラムの作成に必要な時間を最小限に抑えます。スマートティーチングを使用すると、CADまたは個々の要素が変更された場合に、それに応じてシステムが測定位置を自動的に更新します。

検査計画

CADデータセットは対応する測定計画と一緒にインポートされます。測定計画に保存されている測定方法は、測定計画の品質検査特性に自動的に割り当てられます。測定レポートは、オフラインで事前に作成することもできます。測定手順の後に、実際の測定結果を表示することができます。これにより、ユーザーは検査計画を容易に作成できます。

通電テスト

オフラインで作成された測定プログラムを、ATOS ScanBox内で自動化されたプロセスによって1回実行します。ロボットは、測定位置に移動し、実際のパーツについて露光時間などの個々の測定パラメータを決定します。特殊なプロセスを使用して、ソフトウェアにより、自動的にパーツの反射を検出し、それに応じてフリンジパターン投影を調整することで反射に起因する測定エラーを回避します。

シリーズ測定

完成した測定プログラムは、他のパーツのテストに使用できます。ロボットはソフトウェアによって完全に制御され、測定位置を次々と移動します。それぞれの測定中に、結果が品質基準を満たしているかどうかがチェックされます。CADまたは測定計画からのデータステータスの変更は、パラメトリックソフトウェアによってすばやく更新することができます。

検査

データ収集後、ソフトウェアにより、パーツ表面のポリゴンメッシュと検査特性計画の実際値を計算します。このデータはターゲットデータと比較され、レポートに表示されます。測定結果は統計的品質管理のためのデータベースなどの、特別なエクスポートフォーマットで自動的に保存することができます。様々なパーツの測定手順を自動的に実行できます。

Kioskインターフェース

Kioskインターフェースは、ATOS ScanBoxの操作を簡素化することに特化したユーザーインターフェースです。ソフトウェアでプロセス制御全体を引き継ぎ、測定シーケンスと検査シーケンスを自動的に実行します。これにより、高い検査品質およびデータ品質が保証されます。測定パラメータ、データ、オペレーティングシステムは保護されています。

無料トライアル

トライアル版を使用してGOM Inspect SuiteのProfessionalモジュールのメリットを実感してください。GOM Inspect Suiteトライアル版を使用したユーザーの90%以上が、ソフトウェアがわかりやすいと感じています。お試しください!30日間無料体験(契約不要)

今すぐ試してみる