GD&T公差の検査

GD&T公差の検査

GD&T

GOM Inspect Suiteの幾何寸法公差(GD&T)

GD&T公差とは?

GD&T公差によって、パーツの幾何偏差を決定および評価できます。GD&T公差は、パーツの設計状態からの最大許容偏差を表します。GD&T公差を超えると、パーツの機能、適合精度、または形状が要件から逸脱します。公差を使用して、内径穴が正確に適合するように製造されているかどうか、その方向が正しいかどうか、既存の形状誤差が許容範囲内にあるかどうかなどを判断できます。GD&T公差は、設計、製造、品質管理などのプロセスサイクルのすべてのステップで使用されます。

GD&T偏差が生じた場合、次の原因が考えられます。

  • 加工時の変形
  • ツールの摩耗や破損
  • 機械の振動
  • 処理中の温度変化

GOM Inspect SuiteのGD&T機能

GD&T公差は設計の仕様基準を満たす目的で使用されていますが、オペレータがパーツを検証する際にも役立ちます。効率的な評価のための基本的な前提条件は、光学式測定技術によって作成されたフルフィールド測定データを使用することです。GOM Inspect Suiteは、データム系、フィッティング要素、公差を使用して、寸法、形状、位置を包括的に分析するためのGD&T機能を備えています。GOMソフトウェアのパラメトリック設計は、さらに、GD&T分析をサポートし、使いやすくします。要素を個別に測定および分析する場合、すべての要素を1回作成するだけで、これらを参照として使用できるようになります。それぞれの計算方法は自動的に設定されます。.

GOM Inspect SuiteのGD&T機能

メリット

ISO規格に準拠したラベルの視覚化

GOM Inspect Suiteを使用すると、ISO規格に従ってGD&T公差を視覚化でき、

技術図面やCADデータと非常に近い形で、測定結果を表示できるようになります。

エラーをすぐに検出

GOM Inspect Suiteには、プロジェクトの実施を支援するプロジェクトガイドが用意されています。

これにより、計算エラーをすぐに検出できます。またソフトウェアにより、適切なソリューションが提供されます。

無料トライアル

トライアル版を使用してGOM Inspect SuiteのProfessionalモジュールのメリットを実感してください。GOM Inspect Suiteトライアル版を使用したユーザーの90%以上が、ソフトウェアがわかりやすいと感じています。お試しください!30日間無料体験(契約不要)

今すぐ試してみる

GD&T – GOMとGPSを使用する

GD&T公差について詳しくお知りになりたい場合は、エキスパートトレーニングコースの受講をおすすめします

詳しくはこちら