GOM Inspect Suiteによる3D検査

GOM Inspect Suiteによる3D検査

簡単な表面検査とボリューム検査

3D検査

今すぐ無料で始めましょう

GOM Inspect Suiteのような光学式計測を使用すると、正確で包括的な測定結果が得られるだけでなく、詳細で用途の広い分析機能も利用でき、レポート作成が容易になります。設計値と実測値の比較によって、形状計算、位置計算、ボリューム検査などの様々な機能を利用できます。

形状と位置(GD&T)

オペレータは、GD&Tを使用して、パーツを検証するための正確な仕様情報を取得できます。GOM Inspect Suiteは、データム系、補正要素、公差に基づいて、パーツのサイズ、形状、位置を包括的に分析するための機能を備えています。対応するGD&Tで、平面度、平行度、円筒度などをチェックできます。二点間距離や最大実体公差方式が標準に準拠しているかどうかを検証し、ローカルデータム系および座標系の位置公差もチェックします。GOMは、ISO規格とASME規格の両方をサポートしており、規格の更新状況は常にソフトウェアに反映されます。

詳しく見る ›

位置合わせ機能

位置合わせ機能

GOM Inspect Suiteには、標準的な位置合わせ機能がすべて含まれています。これらの機能には、RPS位置合わせ、形状要素に基づく階層的な位置合わせ、ローカル座標系における位置合わせ、参照点による位置合わせ、全体ベストフィットや部分ベストフィットといった様々なベストフィット方式が含まれています。さらに、ユーザーは、例えばタービンブレードであれば、「バランスビーム」、「均等化入れ子」のような特有の位置合わせを使用することもできます。

設計値と実測値の比較

設計値と実測値の比較

ポリゴンメッシュは自由曲面と標準幾何形状を表します。GOM Inspect Suiteでは、これらの形状を図面と比較したり、表面偏差を使用してCADデータセットと直接比較したりできます。表面の3D検査だけでなく、断面や点の2D解析も可能です。CADデータを基準にして幾何形状(線、平面、円、円筒など)を生成することもできます。

曲線検査

曲線検査

GOM Inspect Suiteは点ベースの検査と表面ベースの検査の間の隙間を埋めます。デジタル化された全体形状データは、曲線の構築機能の適用や、個々の特性の視覚化のために使用されます。例えば、エッジ曲線のキャプチャ、半径および字体線の解析、またスプライン曲線の作成などが可能です。曲線ベースの検査は隙間や段差の評価にも利用できます。

表面検査

表面検査

光学式計測技術により、表面欠陥について連続的かつ再現性のある評価を行うことができます。従来の砥石を用いる方法よりも短時間で客観的な結果を得ることができます。表面欠陥のマップがパーツの形状に直接適合するように、GOM Inspect Suiteでは、曲面方向においても表面欠陥を検査することができます。さらに、表面の法線方向が自動的に計算されます。

GOM Inspect Suiteでは、限度見本パーツの許容範囲を最大化してパーツを検査できます。これにより、シンプルな実測比較が可能となり、すでに処理されている欠陥は結果表示から除外されます。

ブレード検査

GOM Inspect Suiteは、一般的な検査機能とアプリケーション固有の評価機能を組み合わせたものです。プロファイルとタービンブレードを分析するためのネイティブの品質管理機能には、中心線のプロファイル、重心のプロファイル、2D断面に基づくタービンブレード厚さのプロファイルの検査が含まれます。プロファイルの重心、半径、ねじれも計算できます。ユーザー定義の検査方法と、ユーザー独自のラベルテンプレートやレポートテンプレートの作成も可能です。

詳しく見る ›

ボリューム検査

ボリュームモデルは、GOM Volume Inspectプログラムを使用して、GOM Inspect Suite内で視覚化と評価を行うことができます。コンピュータ断層撮影(CT)システムで取得されたボリュームデータを、ドラッグ&ドロップを通じて一般的なフォーマット(.vgi、.vgl、.pcr、.exv、.rek)や生データとしてインポートし、分析することができます。

GOM Inspect Suiteは、パーツ全体(内部構造を含む)を視覚化するボリュームレンダリング機能を備えています。オブジェクトを切り取って、レイヤーごとに表示できます。さらに、スキャンしたオブジェクトの様々な材料を個別の表面メッシュとしてインポートできます。複数のオブジェクトを個別にスキャンすることに加えて、1度のCT撮影で同時にキャプチャした複数のデータをインポートすることもできます。

GOM Volume Inspectでは、包括的なボリューム検査が可能です。

詳しく見る ›

今日から始めましょう!

GOM Inspect Suiteは要件に合わせて拡張できるソフトウェアです。アカウントを登録して検査機能の無料版をダウンロードし、GOM Inspect Suiteのさまざまな機能を試してみてください。

複数のソフトウェアソリューションを1つに統合し、お客様に合った方法でGOM Inspect Suiteを構築します。GOM Inspect Suiteの検査機能はアプリケーションと業界に特化したものであり、機能強化は常に行われています。

GOM Inspect Suiteをダウンロードする

GOM Inspect Suite無料版をダウンロードします。既存のプロジェクトを開いたり、編集したり、保存したりできる3DビューアGOM Inspect Liteもダウンロードされます。

ダウンロード

検査機能を高度化する

処理速度を高め、生産性を向上させるために、GOM Inspect SuiteはProfessionalモジュールもご用意しています。  

 

パラメトリック検査

GOM Inspect SuiteのProfessionalモジュールは、基本的なパラメトリックコンセプトをベースにしています。このコンセプトでは、すべてのプロセスが追跡可能であり、測定結果の精度とレポートの信頼性が保証されるので、それぞれの結果をより速く取得できるようになります。

GOMソフトウェアのパラメトリックアプローチにより、傾向分析、および統計的工程管理(SPC)などのための複数の評価や変形分析を実施することができます。これにより、1つのプロジェクト内で複数の同一のパーツに対して全範囲評価を行えるようになり、Cp、Cpk、Pp、Ppk、Min、Max、Avg、Sigmaなどの統計分析値を決定するための機能も提供されます。

詳しく見る ›

デジタルアセンブリ

GOM Inspect Suiteはデジタルアセンブリ機能を備えているので、パーツが製造される場所に関係なく、複数のパーツをデジタル的に組み合わせることが可能になります。仮想環境で複数のパーツを相互に位置合わせし、プロジェクトへの適合性を検査できます。デジタルアセンブリでの事前組み立てによって取り付けプロセスが改善され、技術的な問題を早期に発見できるようになります。

詳しく見る ›

GOM Inspect Suiteはニーズに合わせて拡張する

これらのモジュールはソフトウェアを拡張します。 

バーチャル測定室

バーチャル測定室(VMR)は自動化された3Dデジタル化に不可欠なツールであり、GOMでは、追加のソフトウェアモジュールとして提供されます。

詳細 ›

GOM Volume Inspect

GOM Volume Inspectを使用すると、パーツの内部を調べて、幾何形状、空隙または内部構造、および組み立て状況を分析できます。直感的に操作できます。

詳細 › 

仮想クランプ

仮想クランプを使用すると、複雑なクランプ固定治具を使用せずに、シートメタルや射出成形パーツを仮想的にクランプして測定できます。クランプ固定治具のコストは削減され、保管場所は不要になります。

詳細 ›

eラーニングとグループトレーニング

eラーニングとグループトレーニングをお選びいただけます。GOMトレーニングセンターでは、GOM Inspect Suiteを使用するために必要なことをすべて学ぶことができます。

特にパラメトリック検査のメリットについて学び、傾向分析、統計的工程管理、ユーザー定義テンプレートを作成します。参加者は、検査の基本トレーニングの3D計測において、GOM Inspect Suiteでの3D測定データ検査方法、例えば、検査計画、位置合わせ手法、レポート作成を学びます。

今すぐ登録

ダウンロード

無料トライアル版

GOM Inspect Suite Professionalモジュールのメリットを実感してください。

30日間無料体験(契約不要)

GOM Inspect Suiteをインストールし、[Professionalを試用]をクリックするだけで利用できます。

ダウンロード

サポート資料を利用してスムーズに始める

サンプルデータ ›

トレーニング ›